胃の内視鏡検査が何かと楽だった | - tksmusic.net
Home / BLOG / 胃の内視鏡検査が何かと楽だった
胃の内視鏡検査が何かと楽だった

胃の内視鏡検査が何かと楽だった

1カ月ほど前から胃のご機嫌が悪かった

食後に胃痛・胃もたれがしてた。寝る前もシクシク。過去に十二指腸潰瘍の経験あり。いい機会だからいっそちゃんと診てもらうかと胃カメラ検査する事にしました。健康診断も久しくしてないので血液検査もついでにお願い。今回行った病院はネットで簡単に検査予約が出来て、映画のチケット予約をするより早く済んだ。

暫定結果から

医師の所見では90%ガンの可能性も重篤な症状も無かったとのことで、まだ手放しでは喜べないけどどうやら生き永らえそうな雰囲気。少しぼこぼこと腫れのようなものと若干出血跡があったので組織採取してもらい、正式な結果は来週以降に出るという事。名前がかわいくて腹立たしいピロリ菌が居たらちょっと戦い始まりますが、薬飲むだけなら何てことない。

鼻か口か

経鼻内視鏡が楽そうなのはテレビなんかでも見てるので試してみようかと思ったけど、管の細さからカメラの精度や採取できる生体の大きさでは口からの方に若干分があるようなので、今回は症状があっての検査だし経口内視鏡にしました。ちなみに鼻からの検査は「鼻から.jp」で最寄りの受診可能施設を検索できます。素敵ネーミング。

鎮静剤はマストになりそう

過去2回、喉の局所麻酔のみで受け終始オェオェしまくってこの世の終わりみたいな気分を味わったので、今回は鎮静剤投与を申し出てみたところ効果てきめんでした。ほぼ無痛でぼーっと半分くらいの意識のまま進み、気が付いたら終了。検査中寝てる人も多いらしい。一度も吐き気がしないまま終始モニタを見る事もできた。
過去2回とは別の病院だったし(この2回もまた別の病院)、体調、機材の違い、医師の腕で全然違うので正確に比較は出来ないけど、最初からこれで受けてたらトラウマにならなかったのに。ただ鎮静剤にも当然デメリットはあるのでちゃんと確認が必要です。

選べる検査方法

恐怖心から胃カメラ検査を避けてきた方、深夜の曲作りが常態化してるミュージシャン、フリーランスや自営業で健康診断を受けてない方等も多いと思いますが、検索すれば最寄りの経鼻内視鏡検査可能施設も探せるし、条件が揃えば口からでも楽に受けられるので、その辺ちょっと考えながら受診するのはなかなか楽しいですよ。費用も検査だけなら5千円前後、生検ありで大体1万円前後のようです。(参考サイト)

※あくまで個人的な体験談なので参考程度にお願いします。どんな検査方法にもリスクはあるので医師との相談が必要です。

2014/04/26 追記
採取した組織の検査結果が出て、びらん性胃炎と思われるが所見の通り重篤・悪性のものでは無いとの事。ピロリ菌も検出されず。引き続き処方した薬で様子見を、という事でしたが薬を飲み始めてから徐々に回復してきて、現在は気にならない程度の症状に治まりつつあります。
血液検査の結果も良好。市販薬で改善しなかったらスグ病院行けって事ですね。

コメントを残す

Scroll To Top